クラウドでの動画編集がこれまで以上に簡単になりました! シンプルなRESTfulインターフェース、従量制課金、そして業界トップの動画編集機能。受賞歴のあるフリーでオープンソースのデスクトップ向け動画エディターであるOpenShot動画エディターで、ビデオテンプレートを手軽に作成し、クラウドAPIで修正しましょう。クラウド動画編集は素早く、簡単に、手頃な価格で利用できます。

機能一覧

あなたのウェブサイトやモバイルアプリケーションに、動画編集機能をシームレスに統合します。動画をOpenShotクラウドAPIインスタンスにアップロードしたり、独自のテンプレートを作成したり、RESTful APIを使用してビデオプロジェクトを手動で編集したり、動画をレンダリングしたり、その成果をあなたのウェブサイトやアプリケーションにダンロードしたりすることができます。

OpenShotクラウドAPIは、独自のAmazon EC2アカウントにインスタンスを作成して、独自のクラウド上で実行するよう設計されています。シングルインスタンスの作成は、あなたのユニークプロジェクトの要件を満たす数十のサーバーの負荷を分散します。スケーリングは簡単に、そして完全にあなた自身でコントロールできます。

OpenShot Cloud API can also be run on the Microsoft Azure cloud platform, including Azure specific features such as Blob Storage (for files and exports) and Queue Storage (for load balancing and scaling).

たいていのプログラミング言語とOSは、RESTful APIによってOpenShotクラウドAPIと互換性があります。あなたに必要なのは、ウェブページにPOSTしてGETする能力だけです。それだけで、あなたのアプリへの動画編集機能の統合を開始することができます。JavaScript、Python、Java、Ruby、C#、Bash、Android、iOS、などを含めた多くのプログラミング言語やOSで利用できます!

OpenShotクラウドAPIは、Amazonのサーバーインスタンスの価格設定に似た、SaaSモデルを使用して価格設定されています。インスタンスを実行した時間だけ支払いが生じます。契約なしで、いつでも止められます。請求はAmazonによって月末に、インスタンスを使用した時間に基づいて、自動的に処理されます。たいていの競合他社は、レンダリングされる動画の長さ(分単位)で料金が発生しますが、そのモデルは非常に高価でリーズナブルなスケールが困難です。OpenShotクラウドAPIは、レンダリング時間が何分であろうと、1時間ごとの定額料金で、低価格です。

料金は、インスタンス時間あたり$0.15(継続実行している場合は一月あたりUSDでおよそ$108)から始まります。ただし、Amazon EC2のサーバー手数料は含まれていません。

OpenShotクラウドAPIで得た資金は、OpenShot Studios, LLCによって、受賞歴のあるオープンソースの動画エディターであるOpenShot動画エディターの、開発のために使用されます。つまり、クラウドで素敵な動画を編集するだけでなく、世界中の人々に使用されるオープンソースプロジェクトをサポートすることにもなります!

デスクトップ版のOpenShot動画エディターは、次のOSをサポートしています: Linux (ほとんどのディストリビューション)、Windows (7, 8,10以降)、OS X (10.9以降)。プロジェクトファイルもクロスプラットフォームなため、あるOSで保存したビデオプロジェクトを、OpenShotクラウドAPIを含めた別の環境で開くことができます。OpenShotのすべての機能を、すべてのプラットフォームで利用できます。

パワフルなFFmpegライブラリによって、OpenShotはほとんどの動画と画像のフォーマットを読み書きできます。サポートされているフォーマットの完全な一覧はFFmpegプロジェクトを参照してください。OpenShotの出力ダイアログでは、いくつかの一般的なフォーマットがデフォルトですが、詳細タブで任意のFFmpegフォーマットを使用することができます。

OpenShotにはパワフルなキーフレームアニメーションフレームワークを備えており、キーフレーム数とアニメーション値を無制限にできる可能性があります。キーフレーム補間モードでは、アニメーション値を計算する方法として、2次ベジェ曲線、リニア、定数を指定できます。

トラックはプロジェクト内の音声、動画、画像をレイヤーにするために使用されます。必要に応じて、ウォーターマーク、背景音、背景映像など、いくつものレイヤーを作成できます。透明性はレイヤーの下に表示されます。トラックは上や下に移動したり、ロックしたりできます。

タイムライン上のクリップは、スケーリング、トリミング、回転、アルファ値、スナップ、X軸Y軸の調整など、色々な方法で調整できます。これらのプロパティは、わずか数クリックのうちにアニメーション化することができます。変換ツールを使用して、インタラクティブにクリップをリサイズすることもできます。

OpenShotには400を超えるトランジションが含まれていて、クリップから別のクリップへと徐々にフェードすることができます。必要に応じて、トランジションの速さや鮮明さを、キーフレームを使用して調整することもできます。2つのクリップが重なると、自動的に新しいトランジションが作成されます。

ビデオプロジェクトにクリップを配置すると、上位のトラック/レイヤーのイメージがトップに表示され、下位のトラックはその背後に表示されます。紙の束のように、上のアイテムは下のアイテムを覆い隠します。そこを穿つ(つまり透過する)と、背後のイメージが表示されます。

OpenShotには40を超えるベクタ形式のタイトルテンプレートが含まれており、楽しく簡単にプロジェクトへタイトルを追加することができます。自分でSVG形式のタイトルを作成して、テンプレートの代わりに使用することもできます。内蔵のタイトルエディターでタイトルのテキスト、色、フォントを素早く調整できます。

私たちの動画編集ライブラリ(libopenshot)は正確さを念頭に置いて構築されています。このライブラリによって、OpenShotはどのフレームがいつ表示されるかを細かく調整できます。キーボードの矢印キーを使用して、ビデオプロジェクトをフレームバイフレームで(つまり1コマずつ)表示できます。

OpenShotで時間の流れをコントロールできます(クリップのスピードアップやスローダウン、動画の逆再生など)。また、私たちのパワフルなキーフレームアニメーションシステムを使用して、クリップの再生方向や速度を好きなように手動で変更できます。

OpenShotには、タイムライン上に波形を表示したり、動画の一部として波形をレンダリングすることさえ可能な、優れた音声編集機能が組み込まれています。動画クリップから音声を分割し、各音声チャンネルを個別に調整することもできます。

OpenShotはたくさんのビデオエフェクトを内蔵しています(今後も増える予定です)。クリップ上にビデオエフェクトをドラッグし、プロパティを調整することでアニメーション化できます。明るさ、ガンマ、色相、グレースケール、クロマキー、他にも色々な項目を調整できます。トランジションを用いた結合、アニメーション、時間のコントロールなど、OpenShotは非常にパワフルな動画エディターです。

今日から始めよう

始めるのは簡単です! 必要なのはAmazon EC2アカウントと、RESTfulプログラミングに関する知識だけです。料金は、インスタンス時間あたり$0.15(継続実行している場合は一月あたりUSDでおよそ$108)から始まり、インスタンスの種類に応じてスケールアップします。OpenShotクラウドAPIの最初のインスタンスを起動するには、次をクリックしてください:

サポートとコンサルティング

プログラマーでない方や、OpenShotクラウドAPIの独自機能を組み込む時間が無い場合でも問題ありません! 私たちにメールを送って、何をしたいのか説明してください。私たちはあなたとのブレインストーミングをいつでも歓迎し、必要に応じて、優位性のあるコンサルティングサービスを提供します。